« 30年前 | トップページ | 冬の鉄ちゃん »

2010年1月16日 (土)

30年前の大阪駅で

1980年、秋のダイヤ改正で大阪と九州方面を結ぶ夜行の急行列車が廃止になった。「雲仙・西海」や「阿蘇・くにさき」など。
当時のわれわれはEF651000番台が牽くこの手の列車にはほとんど興味がなかったが、ある雑誌社のお手伝いということで列車の客車の番号を記録する役目を請け負っていた。特に廃止になる日の列車や初めて運転されるときなどの記録は記事に欠かせず、我々のグループの何人かがこの取材に参加した。僕はこのとき大阪口の記録を任されてこのカットを撮ることができた。
このヘッドマークはマニアが独自に作製したもので、発車までの間に取り付けてもらったらしい。当時はまだ今ほど大勢のファンが押し寄せることもなく、まず客車の番号をメモった後、ホーム前方に移動してゆっくり撮影できるほどだった。

あれから30年。今、転勤で大阪にいるが、大阪駅は来年春の完成に向け改築工事が進んでいる。完成予想図を見るとホームを覆う大規模な屋根が設置され、かなり様相が変わりそうだ。Photo (写真、文 U)

|

« 30年前 | トップページ | 冬の鉄ちゃん »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/33009388

この記事へのトラックバック一覧です: 30年前の大阪駅で:

« 30年前 | トップページ | 冬の鉄ちゃん »