« 本当??? | トップページ | 大好きだったキハ91 »

2009年12月20日 (日)

暫くのご無沙汰でした

実は先週一週間海外出張に行っていた。私の場合海外にも現地社員の部下がいるので、時々様子を見に行きがてら関係する部署とも打ち合わせをする必要がある。13日(日)に成田を出てNH010New Yorkへ。New Yorkで月・火と目一杯ハードな日程をこなし、水曜日にNewarkからVS018Heathrowへ。Londonでこれまた英語漬けの1日半をこなし、金曜の夜のNH202Heathrowを発ち、19日(金)の夕方に成田着という言わば世界一周をしたことになる。通常西周りで太陽を追いかけた方が体は楽だとは言われているが、私の場合昔住んだNew Yorkで到着後日曜日に少し自由な時間が欲しかったのと、来週のことを考えれば土曜日中に帰国し時差調整に充てたかったのでやや無謀ではあったが東回りにした。JALの方がコスト的にはやや安いのだが、そこは今のご時世、当然ANAを選んでしまった。しかもスターアライアンスであればヴァージンで大西洋を渡れるのでAirbus A340に是非乗ってみたかったという助平心も働いた。しかし、日頃の行いが悪いことがたたって、New Yorkでは大雨、Londonでは滅多にない雪と寒波に見舞われてしまった。肝心のヴァージンのA340-300Upper Classは初めてで、通路向きに斜めに並んだシートと紫と赤の照明には愕然としたが、フルフラットになるシートや座席周りのデスクや小物置き場ひとつとっても極めて乗客の利便性を考えて設計してあり、その斬新な発想と顧客志向のサービスぶりには感服した。乗り心地も慣れてしまうと極めてくつろげるプライベート空間で、また離陸の際の「キーン」ではなくどちらかと言うと「ビーン」というエンジン音も気に入った。離陸の際の上昇する角度もRunwayの脇から見ていると4発エンジンのくせに双発機のB777なんかよりは緩いが、それも乗っていても明らかにわかった。かつて住んだNew Jersey上空からGeorge Washington Bridgeも良く見え、食事やCAのサービスも含め、100点満点がつけられると思った。特にアホな旅行代理店が1日間違えて予約を入れていて、さすがに数々の場数をこなしている小生でも肝を冷やしたが、地上のスタッフも丁寧に対応してくれこの面でも好感が持てた。

さて、ネットを見ると昨日の5時間遅れのベタベタに雪が付いた北陸とか写真があり今朝もネットを追ったが、何だか途中で抑止のようなので諦め、寝てしまったら北斗星の時間にも寝過ごし、結局地元で81-95の安中貨物を撮った次第。これも贅沢だがド正面から強烈に陽が当たり過ぎていて、表面がワックスムラのような乱反射をしてしまっていた。(いつもながら文句が多いナ)EF510も新製車第1号の501が到着したようだし、田端の81もいよいよ動向が予断を許さなくなってきた。オマケの写真は、雨の中ちびデジで撮ったロックフェラーセンターのクリスマスツリー。こうして並べていると81-95が赤地に白い線が入った衣装を纏ったサンタクロースのように見えてしまうのは私だけであろうか・・・(写真・文:T Blog_200912201_3 Blog_200912202_4

|

« 本当??? | トップページ | 大好きだったキハ91 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暫くのご無沙汰でした:

« 本当??? | トップページ | 大好きだったキハ91 »