« 133号機の「北斗星」ではあったが・・ | トップページ | 99の北斗星 »

2009年11月23日 (月)

お久しぶり

すっかりこちらのブログの方ご無沙汰してしまった。「言い出しっぺ」のくせに転勤にかこつけて怠けてしまって申し訳ない思いだ。最近はすっかりT氏に「おんぶに抱っこ」状態。今、最も鉄道撮影に入れ込んでいるT氏ゆえ、撮影地の状況など最新情報が入って参考になる。先日の正面に日が当たるEF6437の「あけぼの」などは足繁く通った成果に他ならないショットだと拝見した。

転勤後、約一月の間に3回も帰京しているのに鉄道撮影はたった一回というていたらく。日の出も遅くなって僕のメインターゲットでもある「北陸」が撮れないから、「朝練」に行く気力がないが、それ以前に腰が重くなった感もある。来週からの週末は大阪にいることが多くなるから、キハ181の「はまかぜ」など、新たなターゲットを開拓してみたい。
振り返ると我々の仲間はEF5861などを中心に撮影してきて集まった面々で、その活躍は団体臨時列車などが多かった。そのせいもあってカメラを向ける多くが定期列車よりも団臨に集中したきらいもある。特に「偏食」の自分などは、当時上京してくる宮原のゴハチ牽引「銀河」や荷物の32列車などはしっかり撮るくせに、その前後の「あさかぜ」「はやぶさ」などをパスしたことさえ一度や二度ではない。告白すれば高校から大学生だったこともあってリバーサルなどはゴハチ中心。EF65Pのブルトレなどはモノクロフィルムに数コマ残っているだけのありさま。実にもったいない選り好みをしてきてしまった。
今、それを痛切に感じるせいかイベント列車などが走っても、メインの被写体は定期列車にあると考えを固めている。
例えば昔だったら間違いなく行くであろう、間もなく八戸~青森で走るDE103重連のブルトレ編成のイベント列車などは良い例だ。こういうイレギュラーなお祭り騒ぎに乗せられ、そこまで行っておきながら定期列車を撮らないなどといった「怠慢」を繰り返してきた。
けっきょく写真の記録性をもっと重視するなら、定期列車をしっかり記録しておかなければならない。そういう意味でも今後は「日本海」「きたぐに」「トワイライトエクスプレス」など大阪で気軽に撮れる定期列車(一部は臨時だが)の記録にももう少しまじめに取り組んでいきたい。

久しぶりの登場で、なんだかまとまりのない文面になってしまった。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

1977年の春頃に水上機関区で撮影したDD201号機。こちら側から見るとなんだかエイの腹側の表情にも見える。

(写真・文 U)Dd201

|

« 133号機の「北斗星」ではあったが・・ | トップページ | 99の北斗星 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/32319612

この記事へのトラックバック一覧です: お久しぶり:

« 133号機の「北斗星」ではあったが・・ | トップページ | 99の北斗星 »