« 81-95北斗星 | トップページ | うたた寝は三文の得 »

2009年11月29日 (日)

賛否両論

この前書いたが、前回鉄道写真を撮ったのは今年1月のEF55のサヨナラ運転だった。ということは、このブログが始まってからは本格的な鉄道撮影には行っていないことになる。

今年ももうあと1ヶ月、15歳から鉄チャンを始めてこれまで35年間で延べ1885日を鉄道撮影に費やしてきた(他に航空機撮影は868日間・・・)が、これほど1年間で出動しなかったことはない。

要は「燃えるものがない」のである。TさんやUさんの様に上越や東北のブルトレも撮りたいが、撮影地もよくわからず、早朝であり、また人が多く場所取りなども面倒くさい。ロクイチ在りし頃は、そんな「行かない理由」など微塵も考えなかったし、逆に何があっても「行かなければならない理由」を作り出していた。

そんな中、秩父鉄道のC58のデフが変わったので久しぶりに行ってみた。私の場合、本当の意味で現役バリバリの蒸機は末期の夕張線のD51と追分の96だけであるので、変な装飾やヘッドマークさえ付いていなければ、それほど(ゴハチのように)形態などへの強いこだわりはない。

昨日の朝のC58であるが、見た瞬間「C63?」想像してしまったのは私だけであろうか。

久しぶりの鉄であったが、C58にヘッドマークが付いていたので下り列車を真横から流し撮りしただけで、午前中には帰宅の途についた。

さて、次の「鉄」はいつになることか。。。

(写真・文:K.M.)

C58363km

|

« 81-95北斗星 | トップページ | うたた寝は三文の得 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/32410470

この記事へのトラックバック一覧です: 賛否両論:

« 81-95北斗星 | トップページ | うたた寝は三文の得 »