« ネタ不足 | トップページ | 雨上がりの文化の日 »

2009年11月 1日 (日)

久々の双頭機

もうカレンダーは11月である。

「北斗星」の番号潰しをやっていても、ゴハチの時のように、やれ大窓だとかHゴムだとかのように見た目のバラエティーがなく、81-9581-81、あるいはカシ釜以外は極端な話ナンバープレートだけ差し替えたら(私にとっては)みんな同じのようなものであるので、やはり81だけでは欲求が満たされない。「暗くて撮れないんだったら見物だけでもいいや」という気持ちで朝5時半前でもまだ夜が明けない中、朝練をしに日暮里へ向かった。

しかし道中ずっとまだ「夜」で、テンションも下がりまくり・・でも、現地に着けば(モヤってはいたが)何とか青空が覗いている。こうなると、さんざん撮った「1052の北陸」もやはり「腐ってもブルトレ」、だんだん元気が出てきた。関西に行かれたUさんには申し訳ないが、関東人にとってブルトレたるもの、文字通り、列車はもちろん釜も特急色(ブルー)でないとアドレナリンが出てこないようだ。そして、次に38のつもりで待っていた「あけぼの」は、遠目に見ても「あれ38じゃないぞ・・」何と久々の双頭機1031であった。「キター~~」という感じである。私にとっては双頭機自体8/281030以来、「1031のあけぼの」は実に6/13の西川口以来の再会であった。ということで、ゲテモノ好きの私にとっては「美味しく戴きました」。

 ・・その後、「日暮里朝練」には一応満足した上で「北斗星」の定点観測をしにいつもの場所へ。「99のカシオペア」のあと、「82の北斗星」は約1時間遅れで来たが、こちらも遅れた分光線は申し分なくベタ順で撮ることができた。(写真・文:T)

Blog_2009111

|

« ネタ不足 | トップページ | 雨上がりの文化の日 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/32024947

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の双頭機:

« ネタ不足 | トップページ | 雨上がりの文化の日 »