« ED71,75の3重連貨物 | トップページ | 懲りないオジサン »

2009年10月 4日 (日)

ロクイチのお召し列車 初撮影

10月になると以前であれば「国体」のお召し列車のシーズンであった。5月の植樹祭とともに、かなりの確率で何らかのお召しが走った。よって、どこで国体と植樹祭が開かれるかは我々にとっては大切な事柄であって、当時、5年先あたりまでの計画を見ながら「○○県」なら■線での可能性に期待!などと夢を見ていたものだ、。

そんな楽しみの「はじめの一歩」が、私の場合は1978年の長野国体であった。このときEF5861(ロクイチ)のお召し列車を初めて撮った。丁度大学に入学した年で、このブログに登場している仲間と知り合った頃で、自分で行くというよりは「連れて行っていただいた」というのが正確である。

前日に群馬に入り、まず横川で翌日の本番整備が終わったEF63の形式写真を撮り、その後夕方の高崎第二機関区でEF6211とEF6218のいわゆる「旗開き」を撮影。

本番当日は皆さん「EF62のお召し@信濃追分」と、(その当時から)これが最後かもと言われた「EF5861御召列車」に迷われていたが、私はロクイチを選択して、仲間と新町の鉄橋で待ち構えた。

この写真を撮ったあとに「高二」に行くと、職員の方々がEF5861の前で記念撮影をされてており、それに相乗りのような感じで、集まった少人数のファンにも「旗開き」の写真を撮らせていただくことが出来た。その後、この時の写真は結構有名になったようであるので、追ってスキャンしてアップしよう。

(写真・文:K.M.)

1978年10月13日 高崎線 新町にて

67bw044

|

« ED71,75の3重連貨物 | トップページ | 懲りないオジサン »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/31633678

この記事へのトラックバック一覧です: ロクイチのお召し列車 初撮影:

« ED71,75の3重連貨物 | トップページ | 懲りないオジサン »