« ロクイチ(EF5861)の御召列車 3回目 | トップページ | ネタ不足 »

2009年10月26日 (月)

1983年冬

大阪に来て早や半月。仕事の方ではまだまだこちらの慣習などに戸惑いながら綱渡りの日々。土日となるとそれらのストレスを発散するかのように、歩いて10分弱の新大阪から電車に乗って鉄道撮影に勤しんでいる。一昨日も住んでいるマンションからつごう3回、「きたぐに」や「日本海」、「トワイライトエクスプレス」を撮りに出掛けた。

東京では家族の手前もあって「朝練」後、速やかに帰宅し家の用事などもまかなう。決してカミさんはうるさいことは言わない理解ある存在であることを強調しておくが、自分自身にせっかくの休日を鉄道撮影だけで費やすのを良しとしない気持ちが存在するからであろうか、自宅にいると洗車、買い物、庭の草取り(滅多にやらないが)などなど、鉄道から離れた時間の使い方も楽しいと感じるから、用が済んだら早く帰りたいのかも。
真面目な方々は会社の仕事などを家に持ち帰って、休日もパソコンに向かっている人も多いだろうが僕は、オンとオフをきっちり分けないとダメな質なのだ。とにかく家で仕事は極力しない。もちろん頭の中では明日からの戦略を練ったりはしているが、それをパソコンでまとめたりメモにしたりはしない。休日はひたすら仕事以外のことをやるに徹する。
ところが単身赴任の休日は時間が有り余る。少なくとも家の用事はないし、洗濯、掃除などをしっかりやったって一人住まいのワンルーム、大して時間も取られない。もともとテレビは大嫌いだし、今回は模型だって持って来ていない。自ずと鉄道撮影に傾注するのは当然だ。

話は戻って一昨日のこと。JRの「きたぐに」「日本海」「トワイライトエクスプレス」を撮影してもまだ時間は悠々。午後はやることもないから時間つぶしに考えたのは阪急6300系の撮影だった。この車両、2枚扉がたたって運用上、問題が生じたらしく、今年度中に全て3扉車に置き換えられるとのこと。大手私鉄で2枚扉の車両はあまり多くはない。
これを撮ってみようと、阪急の十三駅に寄り道した。
いつ来るかわからない電車を待つこと40分。部屋に帰っても待つ人もいないからとズルズル待っていたがなかなか姿を現さない。腹も減ってきてさすがに限界と思って腰を上げようとしたところにようやく姿を現した。
梅田からの折り返しを待って撮影したが、たまには私鉄も良いものだ。大阪では前々回、前回と合わせて7年も阪急沿線に住んだというのに、ただの一度も阪急電車を撮っていない。3度目にして初の阪急電車を撮影することになった。結果についてはブログを参照してください。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

最近、更新を怠けていて申し訳ありませんでした。皆様のおかげで何とか続けられている。「ロクイチに集った仲間たち」と言う意味で、決定的な一枚を載せたいと思う。
1981年、何を思ったか僕は富士山とEF5861を絡めたくなった。長いレンズで引っ張るのが大好きな自分としてはどうしてそういう心境になったか全く記憶がない。そもそもどんなに風光明媚な場所をロクイチが走ったって、そんなことはお構いなくアップで狙ってきたくせにどうした風の吹き回しだったのだろう。とにかく1981年の1月から富士山のきれいに見える三島~函南の竹倉温泉付近に足かけ3年頻繁に通った。
ところが午前中の上り列車にロクイチが入ることなど希有。しかも晴れていたって富士山が見えるとも限らない。晴れていても富士山には雲がかかることが多いのだ。
この一枚を撮るのに何度通ったことか。
最初に行った81年1月はまだ架線柱が木製だったが、この写真をものにした83年3月下旬はコンクリートに変貌した。とにかくこの一枚を撮るのに2年2カ月かかってしまった。現地に行ってみなくては富士山が見るかどうか分からないから、せっかくの午前の上りという最高の光線状態の中を走るロクイチを何度無駄にしたか。富士山が見えないとあらば藤沢や大磯など、他にも撮りたい場所はたくさんあったのに。
決してお気に入りというわけではないが、何度も何度も通ってものにした一枚。K氏やT氏、H氏など、まさに「ロクイチに集った仲間たち」が熱くなった1983年の冬のことを私は決して忘れることはないだろう。

(写真、文 U)Photo

|

« ロクイチ(EF5861)の御召列車 3回目 | トップページ | ネタ不足 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

部外者のコメントお許しを

銀河52号ですよね!当時、340M(大垣夜行)に乗って大阪から竹倉へ。沼津の待合室寒かったなあ!1月だったので、雲がかかるどころか

陽があたるかも心配でしたが仲間さんたちがどっどと登場された時には、陽でるわ!大丈夫なんやと 安堵感が出たのを覚えています(笑)

臨時銀河が、宮原から東京持ちに変わった時、

浜松区の台検時の代替運用が、宮原まで伸びて真昼間に東京区の荷物列車が来るようなった時

関西では、衝撃が走ったことも思い出されました!

投稿: モードラ | 2009年10月26日 (月) 23時16分

20年程前だったでしょうか、通信ケーブルが張られてしまい、このアングルではもう撮れなくなってしまったのは残念でなりません。編成の邪魔にならないよう、もっと上の方に設置するわけにはいかなかったものかと思う次第です。

投稿: ゴハチ信者 | 2010年5月29日 (土) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/31925206

この記事へのトラックバック一覧です: 1983年冬:

« ロクイチ(EF5861)の御召列車 3回目 | トップページ | ネタ不足 »