« ツァイスレンズのこと | トップページ | 解体されるEF579 »

2009年9月15日 (火)

仲間のありがたさ

Mさん、本日はありがとうございました。おかげさまで一般型EF64の38号機牽引「北陸」を撮影することができ、これで心残りなく転勤することができそうです。もちろん今後、茶色塗装の37号機でも入ればそれはそれでぜひ取りたい対象となることは間違いありませんが、これからの日の出時刻を考えると走行シーンを撮るのは至難のこととなるでしょう。
あらためて仲間に助けられたことを感謝する次第です。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

自分のブログにも記したように本日、EF6438号機の「北陸」を撮影した。古くからの友人M氏の情報と彼の車に同乗させていただいたおかげだ。細かいことは省略するが、こういう時に友人のありがたさが身にしみる。
同行した南浦和ではこれまたM氏によって情報をもたらされたK氏も駆けつけた。やはり一般型EF64の「北陸」は撮っておきたい被写体だ。平日の早朝、しかも天気があまり良くはないというのに50がらみの仲間三名が集まるというのも趣味のおかげ。ありがたいことだ。

さてそのK氏の好きなEF80。今思うと地味な機関車だったが僕は社会人になる前、住んでいたところの関係でけっこう目にすることは多かった。あまり派手な列車を牽いている姿を撮影したことはなく、貨物列車が圧倒的だがK氏とは反対にひさし付きのEF80にはちょっぴり魅力を感じていたと思う。
この写真は筑波万博のお召し列車撮影後、K氏とともに常磐線の内原付近(だったと思う)で撮影した。雨上がりで夕日を浴びた姿はEF80の写真の中でも数少ないカラーの一枚となった。
(写真、文 U)Ef8029

|

« ツァイスレンズのこと | トップページ | 解体されるEF579 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/31392395

この記事へのトラックバック一覧です: 仲間のありがたさ:

« ツァイスレンズのこと | トップページ | 解体されるEF579 »