« 絵葉書的写真 | トップページ | 全検出場直後のDF501 »

2009年8月10日 (月)

団体臨時列車を牽くEF5861

1980年前後、東京機関区には10両のEF58が配置されていましたが、本当の意味での定期運用はなしという状態だったと思います。尾久ー品川間(当時は上野・神田経由)の回1940~回1943列車や「創臨」といわれる富士宮方面の12系客車列車はほぼ連日の運用でしたが、「定期」ではありませんでした。

ということで運用のほとんどは「団臨」や新製客車・気動車の回送となっており、ロクイチもおそらく一月のうち20日位は何らかの形で稼動していたのではないでしょうか。

写真は品川にお座敷客車が配置され、その初運用に充当されたEF5861です。前日までは静岡方面の臨時運用(5555記念号=昭和55年5月5日に沼津のお座敷列車をヘッドマーク付きで運転)に入って5月6日の午後に結構汚れた感じで東京機関区に帰区しましたが、この日はピカピカにワックスかけられての登場になりました。おそらく品川座敷の初運用で磨き上げられたのだと思います。

この列車、東京から金谷までロクイチ、そのあとは大井川鉄道に入線しC56+C11の重連で千頭まで行っています。

撮影地はご存知「新子安」ですが、今では撮れないアングルですね。まあ時効ということで。

(写真・文:K.M.)

1980年5月7日 8103列車(東京区臨A122) 新子安にて

67bw018

|

« 絵葉書的写真 | トップページ | 全検出場直後のDF501 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/30891570

この記事へのトラックバック一覧です: 団体臨時列車を牽くEF5861:

« 絵葉書的写真 | トップページ | 全検出場直後のDF501 »