« 32年前の長岡駅バルブ撮影 | トップページ | EF64に想う »

2009年8月22日 (土)

夢を見ていた頃・・

まだ鉄道車両にカメラを向けだして間もない頃、色々な雑誌に登場する根府川にどうしても行きたくなり、何もわからないまま、KTR井の頭の初電に乗った。大きな期待と少しの不安とともに、東海道線153系のBOXシートを陣取り窓を全開にして、しばしジョイント音やモーター音を楽しむ。保土ヶ谷を出て、ここからノッチが入るとか、MT46はMT54に比べて音が高く軽い感じとか、はたまた、ロングレール化がどこからどこまで進んだとか・・今でこそ、車でしか出かけなくなってしまったが、こうして昔を思い出してみると、撮影に行く前の道中の鉄道とのかかわりも楽しかった。

現地に無事到着し、写真と同じ鉄橋(当たり前!)に感動して、夢中でシャッターを切ったことを懐かしく思い出す。天気の良い日曜日にもかかわらず、2~3人の同業者でのんびりしたものだったが、この時、一人のベテランのカメラマンに声をかけられ、色々お話をさせて頂き、最後に名刺まで頂だいて初めて、この方が雑誌で活躍されているA氏とわかったときは、本当に驚きであった。当時写真で求めるものは、自分と違うとは感じていたが、その温和なお人柄に心打たれ、今でも尊敬している先輩の一人である。掲載する写真は、ブルトレ軍団トップで上ってくる10レ「あさかぜ2号」。父親のニコンFに200ミリを付けて望遠で狙っている。しかも、フィルターにサニークロスが装着されているようだ。自分で撮っていてはっきり覚えてはいないが、当時僕等の仲間うちでは流行っていたクロスフィルター、今ではあまり見かけなくなってしまったな。フィルムも周りの影響で、イルフォードHP4とかいうフィルムを使用。なんだか粒子が目立って汚らしい。しかし、久しぶりに見ると、やはりブルトレは、20系に限る。そしてEF65Pも後に色々撮影の機会があったが、マーク付きブルトレ牽引が最もお似合いであることを再認識した。1975930_10_bro_2 (写真・文 by  K )                                     

1975-9-30     10レ EF65512     NikonFTN  Nikkor200mmF4  ILFORD HP4  根府川

|

« 32年前の長岡駅バルブ撮影 | トップページ | EF64に想う »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/31054637

この記事へのトラックバック一覧です: 夢を見ていた頃・・:

« 32年前の長岡駅バルブ撮影 | トップページ | EF64に想う »