« 試運転 | トップページ | 山手貨物線の撮影地 »

2009年8月17日 (月)

珍しい「普通」の飛行機(エア・リンガスのトライスター):L1011その(3)

「特別塗装」なるものは、鉄道でも飛行機でも一時(今も)はやってますね。今は何でしょうか、EF8195とかEF651118とか、私も普通の塗装の機関車よりは少しは写欲がそそられるのは確かです。

でも、逆に普通の塗装が普通ではあり得ないものに施されていたらどうでしょうか。それも「必然性」があっての。。。

飛行機では季節的な需要の変動から、ある期間だけ機材を借りてくるケースが結構あります・・というか日常茶飯事といってもいいかもしれません。いつもその会社が使ってる同じ機種ならまあいいんですが、普通は使ってない機種、それも比較的少数派の機種で、かつ短期間、そしてそれがあたかもその航空会社のものであるかのような塗装をまとっていたら、これはマニアとしては見逃せません。

写真はエア・リンガスというアイルランドの航空会社がリースしたロッキード・トライスター、L1011のフルカラーです。エア・リンガスはこの頃、トライスターを借りていることは結構あったんですが、このフルカラーとなったのは非常に珍しいことです。たった2ヶ月ほど運航するために、この大きな機体の塗装を全部塗るんですから結構大変なことです。

私はこれを撮るためだけにダブリン空港まで日帰りしました(ロンドンからですが)。1997年の夏のことです。

某Iさん、Aさん、いかがですか? 

(写真・文:K.M.)

1997年7月13日 アイルランド・ダブリン空港にて。 G-BBAF

35ral001

|

« 試運転 | トップページ | 山手貨物線の撮影地 »

航空機」カテゴリの記事

コメント

ほぼ毎日ブログを拝見していますIです。某ではありませんが・・・一応私もIでして。
リンンガスのL1011いいですね。私もこの一機のためにLHRからダブリンを往復しました。
知り合いのTさんといったのですが、予定した便ではきませんで、帰りの便もまじかに迫った時間に
他の便名でおりてきて事なきを得たのを覚えています。しかしながら真横のカットをおさえられませんでした・・・
帰りの便の時間が迫り空港内に入っても止まっていたのですが、知らずに消えておりました。
たった一機にかける思いとはこのことでしょうか・・・・
日本ではMD11のワールドエアリンガスも噂になっていましたね。レジはN272WAでしたが、ほとんど
横田に飛来しなかったようで、おさえている人もすくなかったようです。

投稿: RJA001 | 2009年8月17日 (月) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/30996409

この記事へのトラックバック一覧です: 珍しい「普通」の飛行機(エア・リンガスのトライスター):L1011その(3):

« 試運転 | トップページ | 山手貨物線の撮影地 »