« ロッキード・トライスター L1011 その1 | トップページ | EF59の4重連回送 »

2009年8月 2日 (日)

EF58 53「銀河」

皆さん、一昨日は珍しくA君にお会いしましたよ。
一昨日の7月31日は、
ボーイング747ジャンボジェットの在来型という古いタイプの機種がすべて退役した日です。
この日にホノルルから成田に向かう便と、
成田から新千歳を往復する便に使用されて終了しました。
私は成田/新千歳間にちょっと仕事でおじゃましました。
そこにね、A君はいらっしゃいました♪
思い入れがある機種だったから...と。でも、
あら〜ん、一昨日は平日じゃなかったかしらん...

で、です。
けっこう早くに下の写真のポジが見つかっていたので、それを今日アップします。
実はね、そのA君つながりなんです、このEF58 53。
えー、場所は沼津駅構内で、列車は上り20系「銀河」です。
1977年か1978年くらいだったですかね。
A君と関西方面の撮影に行ったんです。
で、戻るのが遅くなり、じゃあ「銀河」で帰るかってことになったんです。

話は前夜の大阪駅です。
「銀河」は宮原機関区のカマの受け持ちでした。
当時の宮原には40両以上のEF58がいて(ほんと??)、
えー43号機が竜華機関区に転配された後ですから、47号機と53号機だけが大窓でした。
これだけEF58がいて大窓はたったの2両なので、まぁ普通は当たりません。
狙い撃ちは別として、撮っていて偶然こいつら2両が来ることは幸運中の幸運でした。
でもね、当たったんです、53号機。
大阪駅のホームで二人で「銀河」のカマを見て、
顔を見合わせて「.................................」でした。
『EF58 53けん引20系「銀河」で寝る』という豪華な夜だったんですが、
問題は次の日の朝です。
どうすんだ、これ。
撮るのか?? 新幹線で追い抜き??
二人していろんな策を練ったと思いますが、
順光で撮る場所へ行けないなど、新幹線で追い抜いてもダメだったんです。
それでもう二人とも、撮ることはあきらめ、あることに徹底しました。
20系のドアって自動ドアで自動ロックなんですが、
機械式なのでわりと簡単に開いちゃって、ドア表示灯なんかもないんです。
って話は置いときまして、腹いせに沼津で撮りました。
停車ホームの先端に信号扱い所みたいな高い場所があって、
そこに昇ってみるとこんな写真が撮れました。
走りじゃないんですが、けっこう気に入ってる角度だったりします。
ブローニーのEPRの色、わりと褪色しないですね。

(写真・文/某I)

Ef58_53_2ss

|

« ロッキード・トライスター L1011 その1 | トップページ | EF59の4重連回送 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

いや~本当に53号機は美しかったですね。ワイパーもKW3Dで、窓の形自体も良かったですね。(同じ大窓・小窓でもかなりサイズや形状に差があることは有名ですから)
これでパンタがPS15でなく14だったら・・・なんて当時話してましたが贅沢というものです。これ沼津ですか。例の6x6版のゼンザブロニカには丁度良い角度ですね。もうちょっと右に寄って400ミリ以上で圧縮する構図ならUさんが飛びつきそうです。

Aさんは747クラシックのラスト(ドメ)フライトに乗ってらゃっしゃいましたか。私は、平日でしたし天気も悪かったので「今更」と思い仕事をしてました。もちろん職場の皆から「あれっ!今日は成田に行ってるのかと思った」と言われました。TVや新聞でも随分騒がれてましたからね。
これで成田で撮れるクラシックジャンボはNWカーゴとイランのSP、そしてCXカーゴ位になっちゃたんですかね??(K.M.)
追伸(私信)今「1231機」です!

投稿: K.M. | 2009年8月 2日 (日) 22時18分

 某I君、7月31日は5月以来の対面でしたね。今回は?ちゃんと休みをとっていますのでご心配なく。実は7月5日も南の島でお会いできたはずですが、振られたようで・・・ その時の写真はとあるところで見ましたよ。
 私は-300が好きで、1987年にDOM用が投入されると狙って搭乗していました。近年はHNLまで搭乗しに行っています。
で、某I君にはその昔、オープンスポットの羽田空港で-300に搭乗する自分の姿を撮ってもらっていますよね。感謝です。

 さて、今回の102レは昨日のことのように覚えています。定期列車で感動を得られたのはやはり機関車牽引列車でしたね。この当時、デジカメと高性能レンズがあったら、と思うのは私だけではないでしょう。

投稿: A | 2009年8月 4日 (火) 18時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロッキード・トライスター L1011 その1 | トップページ | EF59の4重連回送 »