« 本当は・・・ | トップページ | 両陛下とベルギー国王のお召し列車を牽くロクイチ »

2009年7月 8日 (水)

思い出の東神奈川

6月28日、7月5日と2週続けて東神奈川~新子安に撮影に出掛けた。昨年の6月以来一年ぶり。その時は3月に廃止になった「富士・はやぶさ」の下り列車の撮影だった。18時ごろ東京を発車し、ここを通過するのが同25分前後だから、日の長い時期でないとここでは撮れなかったが例年同様、梅雨の季節とあってなかなか好天に恵まれない。3回ほど行って満足に撮れたのは1回だった。

東神奈川と言えば横浜寄り跨線橋付近に上り列車を撮影する好ポイントがあった。87年~92年はこの近くに住んでひじょうに行きやすい場所となったが、その横浜寄りのポイントは学生時代からすでに飽きるほど撮影していたため、新子安寄りにどこか撮影に適した場所がないかと探したものだ。そのあげくようやく見つけたのが先日行ったポイント。
そこでやっと見つけたこの場所で下りブルトレを撮ろうと3回ほど行ったのだが、いずれも上り東海道線の普通電車に被られた。こんな不運があるのだろうかといささかうんざりして、以来昨年までこの場所には2度と足を向けることはなかった

今回アップするEF5861の「そよかぜ」はこの悪運が続いた後、気を取り直して行ったときのもの。横須賀線経由だから下りブルトレのアングルとは異なるが、あれだけ運に見放された場所ゆえ、この列車すら撮れないのではないかとヒヤヒヤしながら撮影した思い出がある。
線路作業用のスロープを降りた位置からの撮影で、今はフェンスに鉄の門扉が付いて降りることは不可能だが、当時はそこまで厳重ではなかった。ここで初めて知り合ったのが当時高校生だったA君。今はJR東日本に勤めている。87年8月下旬の撮影だったと記憶している
(写真、文 U)
Photo

|

« 本当は・・・ | トップページ | 両陛下とベルギー国王のお召し列車を牽くロクイチ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/30462899

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出の東神奈川:

« 本当は・・・ | トップページ | 両陛下とベルギー国王のお召し列車を牽くロクイチ »