« 運用操作? | トップページ | 東大宮のEF575号機 »

2009年7月12日 (日)

ブルトレ鳥海

かつて「あけぼの」を補完するために、現行ルートと同じ経路で走るブルトレがあった。特急「鳥海」である。たしか、山形新幹線絡みで本体の「あけぼの」が東北~陸東~奥羽経由となった(KMさんの写真参照)時に登場した列車だったと思う。上り列車が、高崎線を朝7時台に上ってくるスジで、1年通して撮影できたが、当時は今のように話題にはならず、同行の諸氏に出会ったことはなかった。

ちょうどこの時期、私は仕事の関係で、週一で新前橋まで通っていたので、天気予報を見ては出張スケジュールを決め、仕事前に一発やってから職場に向かったことを懐かしく思い出す。

写真は、朝の光を受け上野を目指す、今は亡き1029号機の牽引する2022レ鳥海。今一番脚光を浴びている1000番台だが、このカマが廃車第一号となってしまった。199242_2022_ef64_1029_bro (by K )

1993-4-2    高崎線:倉賀野-新町にて

|

« 運用操作? | トップページ | 東大宮のEF575号機 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/30516453

この記事へのトラックバック一覧です: ブルトレ鳥海:

« 運用操作? | トップページ | 東大宮のEF575号機 »