« EF57けん引特急 | トップページ | 蒸気機関車に添乗2 »

2009年7月 1日 (水)

福知山機関区で撮影したDD54

ディーゼル機関車はけっこう撮影した。このDD54も残り少なくなった1977~78年に撮りに行ったものだ。
この頃、DD54は福知山機関区に数両が残るのみ。それも播但線用に細々と活躍していて、DD51と共通運用。どの列車がDD54牽引なのか全く分からない。
そこで直接、福知山機関区に行ったときの写真がこれ。

福知山機関区には蒸気機関車現役時代にちょっとだけ行ったが、まだ扇型車庫やターンテーブルも残っていて、かつての雰囲気を味わえた。もともとDF50やDD54が残る山陰本線京都口は大好きだったし、嵯峨野から保津峡周辺は鉄道趣味を離れても興味深く、化野念仏寺や祇王寺などの行き帰りに軽く鉄チャンをこなしていた。それでもまだ高校生ゆえ、遠征費もままならず、DD54の走行シーンは気に入ったカットが残せなかった(DF50も同様)。

そのため模型でこの地区を走ったSLやDLを集めようと考えた。DD54はエンドウというメーカーが模型化したが、ひじょうに簡素なディテールで、本格的なディテールを纏ったものは大分後になってから東京・板橋のムサシノモデルが発売した。
こちらはなかなか素晴らしいもので1次型、2次型の2両に大枚をはたくのも当然という出来だった。

この画像はコダクローム25。そのコダクロームも最近、とうとう製造中止になってしまった。(写真、文 U)
Dd54

|

« EF57けん引特急 | トップページ | 蒸気機関車に添乗2 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/30317418

この記事へのトラックバック一覧です: 福知山機関区で撮影したDD54:

« EF57けん引特急 | トップページ | 蒸気機関車に添乗2 »