« ED16 深夜の宴 | トップページ | EF66ひさし無し »

2009年7月15日 (水)

紀勢本線のキハ81

1977年4月に撮影した紀勢本線のキハ81系「くろしお」
この頃、私はまだEF58にそれほど入れ込んではいなかった。休日には東海道本線などへ出掛ける機会は多く、荷物列車や団体列車などを撮影していたが、興味の対象は四国や亀山のDF50だった。蒸気機関車現役時代から和歌山の親戚の家を拠点として、紀勢本線、関西本線などに行くことが多かったから、SLが消滅してもその名残を求めて紀勢本線などに行くことが頻繁だった。
SL時代からDF50は好きだったから、鉄道模型でも天賞堂の製品を買って、蒸気機関車と並べて紀勢本線のムードを楽しんでいた。

その紀勢本線にはかつて東北本線の「はつかり」などで活躍した特急型気動車キハ81が残っていて、これまた良い被写体になっていた。当時、天王寺~名古屋を直通で一日一往復する1D、2Dの「くろしお」の天王寺側先頭に使用され、その独特なスタイルはなかなか魅力的だった。和歌山に戻ってくるのは夕方で、DF50の撮影を終えた17時頃にこの2Dを撮って一日の撮影を終えるというのが通常のパターンで、これを撮影後、自転車で親戚の家へ戻り、檜の浴槽でゆっくり入浴するという、何とも贅沢な時間を送っていた。親戚の家は和歌山市内の和歌浦にあり、山を一つ持っていて自宅はその中腹にあった。その家の大広間から紀三井寺方面が一望でき、蒸気機関車だったころは汽笛が、DF50全盛になってからはあの排気音が夜の静寂に響き渡る。そんな音を聞きながら眠りに就いていたことを懐かしく思い出す。

紀勢本線はその後、阪和線で活躍していたEF58が入線するようになり、小学生時代から社会人になるまで撮影に通い続けることとなる。81 (写真、文 U)

|

« ED16 深夜の宴 | トップページ | EF66ひさし無し »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

いやぁ、なつかしい!
最後は1Dと2Dの片側でしたね。
たしか、キハ81 3とキハ81 5だったような...
紀勢本線はこのキハ81はもちろん、DF50、EF58と撮影対象の宝庫だったですね。
Uさんが休みのたびに行かれていたのを思い出します。

投稿: 某I | 2009年7月22日 (水) 15時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/30544992

この記事へのトラックバック一覧です: 紀勢本線のキハ81:

« ED16 深夜の宴 | トップページ | EF66ひさし無し »