« 音速を超える旅客機「コンコルド」 | トップページ | EF58 113けん引 特急「つるぎ」 »

2009年7月27日 (月)

1976年暮れ、急行「越前」

今から約32年半前の1976年暮れ、王子~尾久で撮影した遅れの「越前」。
蒸気機関車がなくなって初めて本格的に電気機関車やディーゼル機関車などを撮り始めた頃の写真で、本来の目的である東北本線を上ってくるEF57牽引の急行列車の合間に撮影したもの。

ここを通過する東北本線や高崎線の列車のほとんどがEF57,58の時代だったから、むしろ「妙高」とともにこの「越前」はEF62の牽く珍しい存在だった。上野到着が「妙高」は午前4時台、「越前」も7時4分だったから12月下旬に走行写真を撮れたのは大幅な遅れのおかげだ。この場所は高校時代のK君(なぜか僕の周囲にはKのイニシャルの人が多い)に教えられたもので、ホッチキス状の柵があるのによく通ったものだ。きっとここへの行き帰り、田端駅を利用していたから、少し遠くなるものの途中、機関区で写真を撮るという「余録」があったのだろう。ちょうど車が通ることのできないほど狭い踏み切りがあって、オリンパスOM2に135ミリレンズでそこから撮影していた。
135ミリというレンズは価格も安く、望遠効果が確認しやすいレンズだったから初心者が最初に買い求めるものとしては最もポピュラーだった。今では80~200ミリズームあたりがそれに代わったのだろうが、当時のズームレンズはまだまだ画質が悪く値段の割には使いものにならなかった。

この後、ほどなくしてEF57は消滅するのだが、「さよなら運転」などもない寂しい終焉だった。EF57の撮影がなくなり、僕の目が東海道本線に向くにしたがい、この「越前」を見る機会もなくなっていった。
(写真、文 U)Ef62_4

|

« 音速を超える旅客機「コンコルド」 | トップページ | EF58 113けん引 特急「つるぎ」 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/30682614

この記事へのトラックバック一覧です: 1976年暮れ、急行「越前」:

« 音速を超える旅客機「コンコルド」 | トップページ | EF58 113けん引 特急「つるぎ」 »