« これで溜飲を | トップページ | 過去最悪のヘッドマーク »

2009年6月23日 (火)

動態保存蒸気機関車を撮る

この種の題材は、あまりウケないでしょうが、どうか御容赦下さい。

先月下旬、米国カリフォルニア州サンフランシスコ地区へ行ったのですが、その際の最大の目的は、この機関車の撮影でした。

サザン・パシフィック鉄道P-8型(1921年ボールドウィン製、車輪配置4-6-2)の動態保存機、2472号機です。これが、サンフランシスコから自動車で1時間半位のスノールという所で、年に数日程度走ります。

今回、5月23日(土)、通常の観光列車とは別に、特別列車を仕立てた撮影会があるというので、それに参加しました。被写体として見映えが良いよう、旧型客車5両編成を用意し、それを蒸気機関車が牽引。参加者は、その客車に乗車。列車は撮影地点で停車し、そこで参加者は下車し、撮影のセッティング。そして、列車は一旦バックして視界から消え、参加者の準備が整ったところへ、力行して通過。その走行シーンを撮影するというもので、いわゆる「フォトラン・バイ」です。

全てお膳立てされた、このような撮影のやり方に賛否はありますが、私のような横着者には、大変ありがたいです。この日は、朝8時から12時までの撮影会で、4箇所でそれぞれ2~3回走行してもらいました。

この機関車は、スポーク動輪で美しいスタイルのパシフィック。それが旧型客車編成を牽き、サンフランシスコという大都市の郊外で走るというわけで、実に恵まれた条件です。日本に例えると、青梅線か八高線あたりで、C51がスハ32系客車の編成を牽くようなもの。

投稿する写真は、機関車と客車の形が分かるカットを選んだのですが、煙の形が半端で構図が不安定で、恐縮です。 (写真・文:YM)

Ym01

|

« これで溜飲を | トップページ | 過去最悪のヘッドマーク »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/30235189

この記事へのトラックバック一覧です: 動態保存蒸気機関車を撮る:

« これで溜飲を | トップページ | 過去最悪のヘッドマーク »