« お気に入りの2両の並び | トップページ | お気に入りの撮影ポイント »

2009年6月 4日 (木)

EF5861の工場入場回送

1980年当時の品川駅はまだ総武線と横須賀線の相互乗り入れが行われておらず、このホームからEF58重連の荷35列車や新鶴見へと向かう貨物列車などがふんだんに撮影できた。以前のブログにも記したように荷35列車はここで客車を増結する都合上、機関車がいったん切り離されるから、前と後ろのゴハチを撮影するにはもってこいのシチュエーションだった。

この荷35列車が着発する前の午後2時台には冷凍貨物専用の5585列車がやって来る。実はこの貨物列車、東京機関区の機関車が工場に入場する際に使われるスジだった。したがってあのEF5861だってこの列車で大宮工場に向かう。その光景を一回だけ撮影できたのがこの写真。前のEF15は高崎の機関車でスノープロー、デフロスタ付きのいかめしいタイプ。DD13に牽かれて機関車の次位に組み込まれる様子を撮影してから発車を狙った。この列車、新宿でしばらく停車する。この日はそれを追い抜いて駒込付近で再度撮影した。

実はこの日、この列車とどちらを撮ろうか迷う列車があった。K・M氏がアップした南武線のED16重連貨物だ。しかもこの日はスノープロー付きの14号機が前に付くという。なかなか魅力的な2つの列車だが、ロクイチ優先の当時はこの5585列車に軍配が上がった。
今となってはたった1回だけ実現したED1614号機先頭の重連貨物の方に魅力を感じる。
1980年9月3日の事だった。
(写真、文 U)

Ef15615585

|

« お気に入りの2両の並び | トップページ | お気に入りの撮影ポイント »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/29912632

この記事へのトラックバック一覧です: EF5861の工場入場回送:

« お気に入りの2両の並び | トップページ | お気に入りの撮影ポイント »