« 形式写真 | トップページ | EF5861の工場入場回送 »

2009年6月 3日 (水)

お気に入りの2両の並び

前回同様、広島機関区派出所で撮影した当時、気に入っていた2両の並び。EF5861の岩国遠征で実現したもの。
1980年7月下旬に修学旅行列車を引き、岩国まで西下したロクイチは上り運用に就くまでしばし広島で待機、たまたますぐそばにいた69号機を移動してもらいパンタグラフを上げてもらって撮影した。本当は手前にロクイチを配して撮影すべきところだが、向こう側はすぐ本線。さすがにそこまでは無理だった。

実はロクイチと69号機の間にもう一本線路があって、その広島駅寄りに浜松から来ていたファーストナンバーが止まっていた。この2両の並びを実現してくださった助役のK氏は、1号機も移動して3両の並びを撮らせてくださるとまで言ってくれたのだが、2両の大窓機の真ん中に、いくら1号機とはいえHゴム機が入るのは歓迎できなかったから遠慮した。
それにこの後、ロクイチは10両の12系客車を引きセノハチを越える。その8302列車まであまり時間がないことも大きな理由だった。結果、この判断は正しく、同行のN・M氏と瀬野西トンネルに着いたのは通過20分ほど前だった。

とにかく当時、広島機関区の方々には本当にお世話になった。僕にとっては忘れられない思い出の場所だ。
(写真・文 U)6169

|

« 形式写真 | トップページ | EF5861の工場入場回送 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/29896374

この記事へのトラックバック一覧です: お気に入りの2両の並び:

« 形式写真 | トップページ | EF5861の工場入場回送 »