« 思わぬ収穫 | トップページ | EF15のロザ団臨 »

2009年6月12日 (金)

試作機DE10901号機を撮影

K・M氏がEF1545の牽くお座敷列車の画像をアップしてくれるだろうと予想して、当方の撮影したものはペンディングしておくことにした。K・M氏がアップした後、別の場所で撮影したものをアップするかもしれない。

そこで本日は前回のブログで触れた吹田第一機関区のDE10901号機。
1978年の5月、鉄道友の会機関車部会で知り合ったゴハチファンの方々(このブログのメンツとは異なる)と東京の某雑誌社から借りた「銀河」のヘッドマークを持参して米原、宮原でEF58に取り付けていただき撮影する機会があった。その写真はいずれアップするとして、その後、僕はDE10901を撮影するため和歌山の親戚の家に2泊した。それが今回の画像。
前にも書いたが同機は吹田操車場のハンプで貨車の入れ替えに従事しており、夜も操車場で過ごすことが多く、なかなか機関区に戻らなかった。そのため、撮影許可をもらえる吹田機関区に戻る日を探り構内での撮影を企てた。情報は関西の友人T氏がくれたもの。

当日、901号機は夕方になって作業を終え機関区に帰って来るとのこと。そこで私はそれまで構内でEF65や60、EH10やDD51などを撮影して過ごした。今となっては貴重なコマも散見される。

午後4時過ぎ、遂にお目当ての901が留置線に入線。撮影に備えるのだが思いもかけぬハプニング。停車位置が悪く撮影にはあまり適さない。慌てて機関士さんに声を掛けて移動してもらったのだが、こんな地味な機関車を撮るのにわざわざ東京からやって来たと聞いて大変驚かれ、僕の指示する場所に快く止めてくれた。なにしろ1エンド側よりもボンネットが細い2エンド側が見えなくては仕方がないのだからこちらも必死だった記憶がある。

この大阪行きの収穫は「銀河」のマークを付けたEF58よりも、実はこのDE10901号機を撮影できたことだったと当時を振り返っている。
(写真・文 U)

De109012

|

« 思わぬ収穫 | トップページ | EF15のロザ団臨 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/30072831

この記事へのトラックバック一覧です: 試作機DE10901号機を撮影:

« 思わぬ収穫 | トップページ | EF15のロザ団臨 »