« 超寒かった石打バルブ | トップページ | EF15のお座敷列車 その2 »

2009年6月14日 (日)

EF15のお座敷列車 その1

EF15の話題で盛り上がっているようですので当方も1枚。
これはK・M氏が国立で撮影する前に西国分寺の駅で撮影したもの。たしかK・M氏と一緒だったのではないかと思う。左側の下り電車遅かったら完全に被ってしまっていたが、ギリギリで間に合った。
こういう被りは実際、撮影しているときはヒヤヒヤものだが、後になってみると貴重なシーンだ。当時、普通の電車はこういうものが走っていたという一石二鳥の記録になる。

当時、EF15が牽く旅客列車は正月の高尾山詣での臨時列車ぐらいしかなかったが、この頃、このお座敷列車の他にも臨時の12系客車を牽くEF15が走った。いずれも45号機の牽引だったのは、その頃八王子に住んでいたA氏が機関区に頼んだからではないかと記憶している。
(写真、文 U)

Ef15

|

« 超寒かった石打バルブ | トップページ | EF15のお座敷列車 その2 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

いやいや、西国とはまたなつかしい場所です。
上り本線が絶妙な曲線を描いていて、ホーム端としては一級の撮影ポイントでしたね。

それにしても、
このカブリの感覚がなつかしい!
いや、撮った本人には申し訳ないんですけど、
この時の焦りつつも自分ではどうしようもない感覚が蘇ってきて楽しいす♪
下り103系がスロ81系編成を完全にクリアできてよかったですね。

それと、どうしてEF15 45号機??
パンタはPS14A形だけど、Hゴムだし、何がアピールポイントだったんでしょ。
A君が運用操作するくらいなので、よほどのこと??

投稿: 某I | 2009年6月18日 (木) 15時40分

よく覚えていないのですが、
この当時(昭和54年11月)、既に八王子にHゴムなしのEF15の残存機なくなっていたと思います。
で、45号機は数少ないプレート式ナンバー、PS14パンタグラフという形態だったので、八王子に残っているEF15中では、「上」だったように記憶しています。
それ以前に、東海道・山陽から続々と八王子にEF60が転入し、EF15と共通で使われていた時期だったので、このような臨客運用にEF15が入るというだけでも、かなりラッキーでした。

投稿: YM | 2009年6月19日 (金) 21時04分

どうもありがとう。
そうか、EF15には前面ナンバーにプレートと切り抜き文字があるんでしたね。
なるほど、それにEF60の転入なんていうこともありました。

投稿: 某I | 2009年6月21日 (日) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/30097554

この記事へのトラックバック一覧です: EF15のお座敷列車 その1:

« 超寒かった石打バルブ | トップページ | EF15のお座敷列車 その2 »