« キヤノンの新型 | トップページ | ED16重連の5191列車 »

2009年5月26日 (火)

近江長岡、雪のEF5861

我々が目の色を変えてロクイチを狙っていた当時、雪の中を走る同機をとらえるのはひじょうにまれなチャンスだった。61が大人気となり上越線などでイベントにかり出されるようになってからは、「雪とロクイチ」の写真も当たり前のように見る機会が増えたが、1980年当時はきわめて少なかった。

この写真は1981年1月10日、近江長岡付近で撮影した8101列車、50系客車の新製回送。同行はK・M氏とT・H氏だったと記憶しているが間違っていたらお許しあれ。東京からどうやって現地入りしたのかも定かではないが、革靴のまま雪の中を歩いて撮影ポイントに向かった記憶だけは鮮明に残っている。急に思い立って行ったのだろうか?今考えると無謀な事をしたものだ。このころは雪の中を行くロクイチを撮るというのが目標だったから、近江長岡付近の積雪情報でも聞きつけて飛んでいったのかもしれない。この日はたしか共通一次試験の日だったこともなぜか覚えている。それにしてもこの日も同業者を見かけなかったように思う。

ペンタックス6×7とオリンパスOM1で撮影したが、リバーサルを入れた67の方は発色も悪く、撮るには撮ったが出来は良くない。周囲をトリミングするべきかもしれないが、雪を多く入れるためにあえてノートリでアップした(写真、文 U)

Photo

|

« キヤノンの新型 | トップページ | ED16重連の5191列車 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/29770933

この記事へのトラックバック一覧です: 近江長岡、雪のEF5861:

« キヤノンの新型 | トップページ | ED16重連の5191列車 »