2017年5月29日 (月)

東京メトロ13000系新製車甲種回送

近畿車両で新製された東京メトロ日比谷線向け13000系新製車7両が甲種回送された。今回は牽引機が平凡であったため、いつもの定点観測場所ではなく、雰囲気重視で橋梁で捉えることとした。

7t5a0575c

7t5a0569c

2017-5 東海道線

( 文、写真:H )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

EF8197牽引カシオペア紀行

本当に久しぶりに線路端に立ちました。本来は、朝のDLもおかを撮りに水戸線まで行こうかと企てていましたが、早朝の北関東は小雨模様だったので急遽パス。天気も回復したので、午後のカシオペア紀行だけは出撃してきました。Hさんの相変わらずのアクティブな動きには脱帽するばかりです。小生はGW以降、デルタとユナイテッドの747-400狙いで成田空港には3回ほど出撃してきましたが、鉄道の方は本当にご無沙汰です。土讃線に入線したサロンカー土佐路にも行きたかったのですが、ここのところ会社のキャンペーン中なので土日出勤や地方出張もあり、一方で自分の目の調子も芳しくなく、なかなか自分の時間がとれませんでした。今日は危うく被りそうになった以外、線路端でのんびりと土曜日の午後を過ごすことができました。それにしても、今年に入ってからの出撃回数は本当に数えるほどで、困ったものです。オマケの画像は、同じく97号機牽引の325日のカシオペア紀行です。田端のEF81も、定期運用がなくなり余剰感が否めず、139号機の投入後、97号機あたりの去就が注目されるところですね。(写真・文:T

Dsc_52001

Dsc_30491

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

山手線用235系新製配給

新潟で新製された山手線用23511両が、長岡のEF64により大崎まで配給回送された。快晴の当日、機会を得て都心で捉えたので報告したい。

7t5a0529c

2017-5 湘南新宿ライン

( 文、写真:H )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

SL只見新緑 – 2017年試運転二回目復路 – 3

  最後は、田園地帯の小さな駅の発車だ。勾配はほとんどないから、発車直後以外は煙をはくはずもないものの、静かな田舎の駅から向かってくる独特の雰囲気を醸し出していた。

7t5a0485c

7t5a0492c

7t5a0496c

2017-5 只見線

( 文、写真:H )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

SL只見新緑 – 2017年試運転二回目復路 – 2

  次は必ず迫力あるシーンが展開される場所だ。到着すると既に多くのファンで賑わっていた。何とか場所を確保し、しばらくすると何と某Iさんに遭遇、暫く話し込んでいたところ、更にMさんまで現れ、待ち時間を楽しく過ごさせて頂いた。やがてゆっくりと煙を高く吹き上げながら姿を現したC11。今日も期待を裏切らない驀進ぶりであった。

7t5a0463c

7t5a0471c

7t5a0474c

2017-5 只見線

( 文、写真:H )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

SL只見新緑 – 2017年試運転二回目復路 – 1

  復路一発目もかねてから行きたかった人気場所としたのだが、往路以上に草木の生い茂り方が激しく変貌を遂げてしまっていた。一応機関車だけはクリアに捉えることができたのだが煙がほぼ陽炎状態・・・。新緑とグリーンがかった色の川面との間を過ぎゆく姿は絵にはなる。

7t5a0444c

2017-5 只見線

( 文、写真:H )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

SL只見新緑 – 2017年試運転二回目往路

  偶然の機会を得て、新緑の只見線試運転を訪れたので4回に分けて報告したい。

往路はかねてから行きたかった人気場所1点狙いとした。夜明け前に現地へ到着したものの既に1列目が置き三脚でほぼ埋まっていた。何とかギリギリの画角となる位置を確保できたものの、明らかに杉の木が著しく成長してしまっている。このため撮影ポイントがかなり限られる。新緑の若葉の鮮やかな黄緑と杉の深緑のコントラストが美しい。ここの煙は必ずしも期待はできないのだが、今回は一応満足のいく結果となった。

7t5a0409c

7t5a0423c_2

2017-5 只見線

( 文、写真:H )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

まだまだ…

まだまだ撮影に出向くヒマはないが、それでも昨日は書店に立ち寄る時間があったから「鉄道ダイヤ情報」に目を通してはみた。しかしやはりというか予想通り、掲載されている情報に、心が動かされるものはなかった。ちょっと目が止まったのはDE10に12系客車を牽かせる「総武本線開業120周年記念号」ぐらいか。それとて、昔はそんな列車などに目を向けなかった自分がノコノコ参戦するのは今さらの感も。ヘッドマーク1枚で集客するJRのお手軽商法に乗っかって忙中、房総半島の奥地まで行く気力は起きないだろう。

身内の死をきっかけに、なかなか撮影に出かけられない現状だが、このまま線路から離れる事になりそうな気配が濃厚になってきた。

(写真、文:U)

_dsc10831

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

久々に

先月20日、入院中だった実母が急逝し諸事で慌ただしい。今月下旬には納骨もあるし、その前の週には義父の一周期も控えている。鉄道撮影どころではないものの、ブログをH氏に任せっきりにしてしまったこともあり、久しぶりに先月11日に撮影した釜石線のC58239をアップする。

4月とはいえ東北はまだ桜が開花する前で、この日は気温も低く、長いレンズを使っても陽炎の不安はなかった。現役時代の蒸気機関車を少しでも知っている身としては、ヘッドマークなどない姿が当たり前に見えるが、今の方々はマークが付いていることを望むのだろうか?

(写真、文:U)

_dsc15324_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

SL銀河 – 2017年試運転四回目復路 – 3

  復路、即ち本紀行最終撮影地は、いつも順光側からやっている場所を、逆光側からの俯瞰場所へと向かった。快晴の中、正面をギラつかせながら、駅発車後の築堤を力行してくるのがドラマティックだ。名物の桜は蕾状態だったが、築堤脇の桜は満開であり、併せて取り入れることができた。

ここは場所取り競争が激しいようだが、幸い直近の桜が蕾状態のためか、余裕の状況でありゆっくりと撮影を楽しむことができた。

 今回の撮影紀行は、また新たな角度で捉えることができて満足な結果であった。 釜石市内の製造元から自宅へ直送した海宝漬が後日到着するので、また酒のつまみに楽しもうという思いを胸に帰途へついた。

7t5a0314c

7t5a0318c

7t5a0337c

7t5a0351c

2017-4 釜石線

( 文、写真:H )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«SL銀河 – 2017年試運転四回目復路 – 2